床矯正 成人矯正、小児矯正 – ページ 90 – 大宮の歯医者|鈴木歯科医院

 

床矯正体験日記2

床矯正を開始して2週間が過ぎました。
途中でねじをさらに巻いて早く拡大しようとしたのですが、無理があったようで元に戻しました。
やはり拡大は毎日の地道な装着が基本です。
無理な力は禁物です。
気長にいくことにしました。
歯も拡大され、外すと、歯が浮いた感じと、ずれを感じます。
そして噛むことでまた歯が落ち着きます。
床矯正がはぐきに当たるところがあるので削りました。
調整をしないと口内炎になりますね。
床矯正はストレスなく装着するのが一番。
またできればずっと付けているほうが自然に感じますね。
外すと、後戻りするので、また装着した時にググッと広げられる圧迫感を感じます。
あれを感じるのならしょっちゅう付けていたほうがいいですね。
食事は試しにしてみましたが、詰まってしまいだめです。
入れ歯の人の気持ちがよく分かります。
僕ならインプラントかブリッジにしますね。

カテゴリー:床矯正 成人矯正、小児矯正 ,未分類  投稿日:2009年2月5日

床矯正体験日記1

a9a62c5d.JPG床矯正を自分に作ってみました。
やはり自分で体験しないと患者さんの気持ちはわからないだろうと思ったからです。
床矯正で顎を拡大を開始して今週1週間経ちました。
全然痛くないですね。辛くもなんともないです。
上顎のまん中あたりが拡大の力を最初感じます。
しかし、それも半日くらいでなくなります。
まあ、感想は「思ったより楽」です。
子供たちはすぐに慣れるのが分かります。
高校生、中学生もすぐになれるでしょう。
寝てる間もするのですが、なんともないですね。
気にならず寝てしまいます

しゃべりにくいのが難点です。
しゃべることがある場合は、外さないとダメかなと思います。
抜歯矯正するなら絶対こっちのほうがいいと思います。
私が身をもって体験していますので、説得力があると思います

カテゴリー:床矯正 成人矯正、小児矯正 ,未分類  投稿日:2009年1月25日

床矯正を高校生にセット

今日は、高校生17歳の女の子に、床矯正をセット、拡大開始しました。
DSCF0761DSCF0758
床矯正によって狭い歯列を側方拡大することで、スペースを作る予定です。
1週間に0.2ミリずつ拡大していきます。
鍵のような棒を患者さんに渡し、毎週拡大装置を鍵で開いていくのです。
入れ歯のようですが、本人は違和感は多少あるようですが、だんだん慣れていくでしょう。
次回は来週チェックです。

カテゴリー:床矯正 成人矯正、小児矯正 ,未分類  投稿日:2009年1月21日

床矯正で抜歯しないで矯正する2

4dd0b0a8.JPG
今日は7歳の女の子を診ましたが、前歯が上下でがたがたしている状態でした。
このまま経過を見ていると、どんどん前歯の歯並びが悪くなるケースです。
将来、中学生以上になってから矯正するとなると、4本ほど抜歯しなければきれいに並ばないでしょう。
抜歯しないで矯正するには子供のうちに、床矯正を使って歯並びを拡大させなければなりません。
費用も成人矯正に比べ安く済むでしょう
しかし、お母さんにこういったことを説明していると、女の子は泣き出してしまいました。
矯正するのが怖いのです。
どんな治療をされるのかがよくわからないので怖くて泣いているのです。
こんな状態で、床矯正をしても、子供の協力がなければうまくいかないことは予想できます。
床矯正は入れ歯のようなもので取り外しができる矯正装置なので、付けたくなければ外していればいいのです。
やはり本人のやる気が必要なのです。
いくらお母さんがお子さんの歯並びを治したくても、本人が嫌がれば矯正はうまくいきません
お母さんには、お子さん自身が、そのうち自分の前歯の歯並びを治したいという望みや願望、矯正して歯並びを良くしたいという気持ちが出てくるまで様子を見ましょうということで意見が一致しました。
まだ7歳なので今度8歳になりますが、8歳くらいのうちに矯正して歯並びを良くしたいと思っていただけたらと思います。
本人も少しはわかっているのですが。
まだ矯正は怖いと思ってしまうのでしょう。

カテゴリー:床矯正 成人矯正、小児矯正 ,未分類  投稿日:2009年1月5日

矯正は高いですが価値があります

10e4a164.JPG
今日は、初診で9歳の男の子が来院されました。
前歯がまだ生えそろっておらず、さらに生えるスペースがないため、
将来的に八重歯になってしまうことが予想されるケース
です。
そしてお母様は、他の2つの医院で、
「矯正を今すぐにすべきだ」、
もう一人の先生は「経過観察すべきだ」と2つの意見を言われ、困惑しているご様子
でした。
これはよくある話ですね。
8歳から12歳のころは、歯が大人の歯に生え変わるころなので、
先生によって矯正する時期の判断や意見がバラバラ
なのです。
私の意見としては、明らかに将来的に歯並びが悪くなると思われたため、早めに矯正したほうがいいのではとアドバイスさせていただきました。
あとは、矯正専門医に紹介することも説明しました。
しかし、お母様方は矯正歯科医院は高い治療費というイメージが強いため、矯正治療することに躊躇されるかたが多いです。
ですので、せめて相談に行かれては?
という形で紹介させていただきました。
私はもっと矯正の腕を磨いて、治療費を安く、気軽に矯正ができるように医療提供していきたいと思います。
そうすればもっと多くの子が歯並びを気にせず、コンプレックスもなく、歯並びもいいので虫歯や、歯周病にならないような人生を送ることができるはずです
矯正治療は、人生に大きな影響を与えると思います。
私も子供のころ矯正をしていましたので、矯正することの大切さ重要さがわかります。
矯正治療費を払ってくれた両親のおかげで、健康な歯並びでいることができることにいまでも感謝しています
矯正治療は高いですが、お子さんやご自身への投資に価値あること間違いありません
歯は絶対に大切
だと思います。

カテゴリー:白いワイヤー矯正、抜歯しないor抜歯矯正 ,床矯正 成人矯正、小児矯正 ,未分類  投稿日:2008年12月17日