大宮からプレオルソ タイプ3の受け口患者様ムーシールド – 大宮の歯医者|鈴木歯科医院

大宮からプレオルソ タイプ3の受け口患者様ムーシールド

今日は大宮から受け口患者様が来院されました。6歳の年長さんです。4月には1年生です。https://www.youtube.com/watch?v=1_9R1prrtlQ

IMG_1792.JPGIMG_3540dfgg.JPG

ムーシールドを5歳半ごろから始めて、6歳0ヶ月ごろに正常に近くなったので、プレオルソ タイプ3に切り替えて、正常な状態を安定させているのが、現在の6歳2ヶ月です。

ムーシールドだけでも治ったでしょうが、プレオルソで下の前歯のガタガタも少しキレイに並べられたらと思い、マウスピース矯正にしています。

今後は、歯並びが悪いようなら、床矯正で拡大して小児矯正をして行く予定です。

プレオルソで全ての歯並びは治りませんので、やはり床矯正は小児矯正には欠かせませんね(^O^)

さらに6年生ごろにはワイヤー矯正で短期間でキレイに仕上げる場合もあります。

— iPhoneから送信

投稿日:2017年2月21日  カテゴリー:受け口矯正、ムーシールド、プレオルソタイプ3 パナシールド症例, 未分類